今、検索で上位表示(SEO)する為に絶対必要な事柄がある

ホームページは会社の成長に合わせて育てる
ホームページには2つの役割があります。
1つ目は「会社案内」としての役割。2つ目が「見込み客を集める為の販売促進」
私の経験からお伝えしますと、先ずは「会社案内」として要件を、とにかく早い段階でホームページに掲載することをお薦めします。なぜならば、「新会社にはまだ信用がありません」。それ故、ホームページで会社の所在を明らかにすることが信用獲得の第一歩だと考えます。
その後、会社の成長に合わせて「ホームページ」を育てて行きます。
  
「会社案内」は「経費」
ホームページで、会社の所在地や取扱商品を世の中に示して行きます。いわゆる「会社案内」として役目です。会社の経営する上で、事務所の賃料や電気光熱費などと同じく「経費」で計上する要素です。

「ネット集客」は「販売促進費」

ネットから資料請求を送ったり、セミナーに誘導したり、最終的には契約に繋げる為の営業の役割があります。見込み客を誘導する「ネット戦略」と「導線」が必要になり、それらを整備した時には「販売促進費」として処理すべきと考えます。

3ヶ月経過してから、「ネット戦略」を展開する

会社の成長に合わせて「ホームページ」を育てます。
ネットからセミナーに誘導する為には「仮説」「検証」を繰り返し、最適化を図ります。問題点の方法を見直したり、オファーの内容、提供方法など、何度も、何度も見直す必要があります。
それ故、更新・変更に費用が発生しないホームページは絶対条件です。(次ページ解説)

さて、検索上位表示(SEO)効果が上がるのは最低3ヶ月間の時間がかかります。新設法人には資源と時間に限りがありますから、最優先すべきは「会社案内」です。

3ヶ月経過したら「ネット戦略」を策定します。
ホームページから「資料請求」や「セミナー参加」などから営業機会を作ることを「最終目的」として戦略を策定してゆきます。

変更・追加の費用が発生しないホームページ
ネット戦略で成功する方法は「ただ一つ」です。
それは、何回も、なんかいも「仮説」「検証」を繰り返し、見込み客の「行動」を読み、そして「最適化」することです。今回提案している「セミナーから個別契約」というシナリオも1回では成功しません。オファーや提供方法、そしてキャッチコピーなどを見直す必要があります。

この場合、一つだけ「注意すべき事柄」があります。
それが「ホームページの変更・更新に追加の費用が発生しない業者を選ぶ」ということです。
一般的なホームページは必ず追加費用が発生します。

多分、「えっ!こんなにも追加の費用が必要なのですか?これでは無理だ・・・・」
という事態が必ず起こります。
でも、ご安心下さい。
宮坂総合研究所のホームページは「追加費用」は一切発生しません。

当社の契約先=顧問先は、会計事務所、税理士、コンサルタントなど小規模事業者が多く、「セミナーに集客してから個別商談に誘導する」という営業スタイルが多いのです。この営業スタイルを確立する為には、ホームページで「仮説・検証」を繰り返しながら効果性を高める必要がありました。そこで「CMS(content management system)」と呼ばれるシステムを導入し、ホームページの変更・更新・追加の費用が発生しない仕組みにしました。

「いや~、宮坂さん、ご指摘の通りです。
 この時代ですから、ホームページが必要なのは分かってます。
 でもね~、正直、面倒だし、不得意だし・・・・」(あなた)

何度もお伝えしておりますが、新設法人には世間の信用がありません。
それ故、 「会社案内(Step-1)」が最優先事項です。
「私があなたに代わって「会社案内(Step-1)」作ります」!

しかし、2つだけ「あなた」の役割があります。
1つ目は「メール」か「電話」で概要を伝えること。さすがの私でも業種で製品内容を知らなければ制作すること出来ません。そして、2つ目は、出来あがりを見てから、
「うん、これなら良いね~」と思ったら、次のステップに進んでもらうこと。